土地活用ならこれだけは押さえておきたい!6つの土地活用方法

ご両親から土地を相続する場合、今後どのように土地を活用すれば良いのか悩みますよね。土地活用なんてしたことのない方がほとんどでしょうし、ご自宅と離れた場所にあれば放っておけば良いかと考えてしまう方もいらっしゃるかも知れません。しかし、土地を所有しているだけでは税金を取られるだけ。デメリットしかありません。

土地に関して損をしないためにも、いくつかの土地活用手段をご紹介したいと思います。

 

1.マンションを経営する

マンション経営とは、固定資産税、相続税の対策にもつながり、毎月安定した収入を得ることが出来るため長期的にみると良い活用方法です。しかしその一方で、初期費用が高額となるため、大きさにも寄りますがマンションを建てるのは少しリスクが高いでしょう。また、建物の修繕費、管理費が別途必要となります。

 

2.戸建賃貸住宅を経営する

現在日本では、マイホーム離れが急速に進んでおり、一生賃貸住宅に住む!という方が増えています。とはいえ、結婚して子どもが生まれると広い家に住みたいもの。そのために戸建賃貸住宅が生まれました。広い一戸建て住宅に賃貸で生活できるため人気もあり、今後需要が増えるだろうと考えられています。

 

3.トランクルームを経営する

トランクルーム経営には屋内・屋外の2タイプあります。トランクルームは初期投資額が低く、1室にいくつも設置するため空室リスクも少ない投資となります。自宅に収納スペースがないからとトランクルームを借りるご家庭もあれば、会社の資料保管庫としてご利用になる方も多く、利回りは20%を超える物件も多く存在しています。

 

4.ビルを経営する

マンション経営、アパート経営と比べてみると分かりますが、ビル経営は高い賃料を得ることができ、所得税、相続税などの節税効果も発揮します。ただし、企業の業績悪化により空室テナントが増えるので景気によってかなり影響を受けますし、今後女性でも働きやすい環境づくりを多くの会社が進めていくなかで在宅勤務が増え、ワークスペースが狭くなっていく可能性もあります。

 

5.ロードサイド店舗を経営する

ロードサイド店舗とは、道路からアクセスしやすい店舗を言います。例えばコンビニエンスストアや大型ショッピング施設などです。大型ショッピング施設となればかなり大きな規模となってしまいますが、道路に面した小さなお店などでも地域、街づくりへの貢献にもなります。

 

6.コインパーキングを経営する

近年、観光施設や駅前などでよく目にするようになったコインパーキング。これまで何度も利用してきた方も多いのではないでしょうか?コインパーキング経営は建物を建てるわけではありませんので、時間もコストもかからずに始められる経営です。

今は土地活用をしたいけど、将来には自分の子どもの家を建てたい!という方にとってもコインパーキングであれば対応することが可能になります。

 

  戸建賃貸経営 マンション経営 トランクルーム経営
利回り 10~25% 5~8% 実質利回りは平均25%程度です。
投資回収スパン 最短で5年で回収可能 10~20年 約5年程度で回収可能です。
売却益 弊社の戸建賃貸はデザイン性も高いですし、需要が高いので、売却しやすいです。 市場性が高いので、転売しやすいです。 事業譲渡も可能です。高利回りなので、売却できる可能性が高いです
初期投資 弊社の戸建賃貸は、1棟998万円(税抜)から建築可能です。 中古のワンルームマンションだと300~800万円です。 1店舗あたり、300~650万円となります。
月額維持費 戸建賃貸住宅なので共有部はありません。清掃も入居者がするので、維持費はほとんど発生しません。 管理費やセキュリティなどの費用、さらに競合との差別化のために投資が必要です。 シャッターの補修や、コンテナの色塗り替えなど
成長性 供給率は1.6%に対して、需要は80%にも上ります。今後さらに成長する見込みがあります。 賃貸マンション市場は飽和状態です。 2012年の市場規模は445億円で、年率5%成長していま
相続税 土地評価を75~80%下げることができます。建物価格も相続対象に当てはまると、建築費用の20~50%に減少します。 土地オーナーの場合に、相続税の控除があります。  
空室リスク 需要が80%ありますので、空室リスクは低いですが、入居者が決まらなければ空室率0%になってしまいます。 ワンルームの場合には、0%か100%ですが、マンション1棟でしたら、安定します 1店舗20~50部屋となりますので、安定した収入を期待することができます。
入居率 弊社の戸建賃貸は、入居率100%です。(平成25年5月時点) 供給過多の状態であるため、入居率は高くありません。 右肩上がりで稼働率が上昇しています。
賃料下落 弊社は家賃を高く設定するノウハウがありますので、賃料下落の心配はないと言えます。 賃料の引き下げを求められることもしばしば。賃料下落を防ぐためには追加投資をしなければなりません。 競合性が低いので、現状では賃料の下落はありません。
撤退リスク 建て直しをするならば、コストは発生してしまいます。 建て直しをするならば、多額のコストが発生します。 別のテナントへのパーティション搬送・設営は約15日、1店舗当たり100万円程度です。

 

今回ご紹介させていただいたなかで弊社は、戸建賃貸経営を行っております。

戸建賃貸経営は、その名の通り一戸建て住宅を建て、賃貸し、家賃収入を得ることです。入居者が決まらなかった場合に空室率100%というリスクを考えてしまう方が多いかも知れませんが、戸建賃貸は高い需要を誇っておりユーザーから好まれている賃貸住宅なので、一度ご相談下さいませ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム