「戸建賃貸経営vsコインパーキング経営」4つのチェックポイント

土地活用をお考えの皆さん、どの方法が所有地に適切なのか、どのようなメリット、デメリットがあるのかよく分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、土地活用の手段の中でも、戸建賃貸経営と駐車場経営の2つを比較していきたいと思います。

 

初期投資

戸建賃貸経営は、戸建住宅を建築しますから初期費用が必要となります。

弊社の戸建賃貸は1棟998万円(税抜)で建築することができます。

駐車場経営は、アスファルト塗装などの土地整備、コインパーキングでしたら駐車した車をロックする装置や精算機などの機械調達、看板類や夜間の照明などの費用が必要ですが、比較的少額で経営を始めることができます。

 

節税対策

戸建賃貸経営は、固定資産税の減税や相続税の軽減など、節税効果があります。

一方で駐車場経営は、更地としての扱いになりますので、節税効果を得ることは出来ません。

 

土地の転用

戸建賃貸は分割や売却は可能ですが、別の収益物件とする場合には、解体が必要になります。

駐車場経営は、分割や売却はもちろん可能ですし、別の収益物件にすることも容易です。

 

立地条件

戸建賃貸は、駅前にも住宅地にも建設することができますが、駐車場は、駅前や周辺に集客施設がある地域など立地条件は限られてきます。

 

今回のまとめ

今回は戸建賃貸経営と駐車場経営のどちら方法が、どのような条件に最適なのかをお話してきました。

戸建賃貸経営 駐車場経営
1 初期投資 約1000万円の初期費用が必要 土地整備、機械調達、看板や夜間の照明で初期費用が必要
2 節税対策 固定資産税、相続税で節税効果 ×
3 土地の転用 分割、売却は可能別の収益物件としての転用は不可能 分割、売却、転用が可能
4 立地条件 住宅地でも可能 駅前や集客施設周辺に限られる

 

最後に

節税対策についてお考えの方や、所有地が住宅地で活用方法に悩んでいる方はぜひ戸建賃貸経営を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム