マンションと戸建賃貸の比較でチェックすべき4つのポイント

不動産経営には、アパート経営やマンション経営、戸建賃貸経営、ビル経営など、様々な方法が存在します。たとえ不動産経営を始めたいという思いがあったとしても、どの方法を選べば良いか分からず、あと一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな悩みを解消するべく、マンション経営と戸建賃貸経営を4つのチェックポイントを使って比較していきます。

 

チェックその1「初期投資額」

・弊社の戸建賃貸の初期投資額は、998万円税抜からとなります。一般的に戸建賃貸はパッケージ化されている場合が多く、1000万円程度の初期投資で建築可能です。

・一方でマンションの初期投資は、民間マンションの販売価格が約4000万円(全国平均)となっています。ただし立地や建物の規模、中古マンションを選択するなどすることで、初期投資額を抑えることは可能です。

 

チェックその2「利回り」

弊社の戸建賃貸は、利回り10~25%となっています。初期投資額が少なく、弊社では家賃を高く設定するノウハウを持っていることも、利回りが高い理由として挙げられます。

マンションの場合は、平均5~10%の利回りとなります。マンションは供給過多の状態ですので、入居者がなかなか決まらないというパターンもあります。新築マンションの場合はすぐに入居が決まっても、中古の場合は空室期間が続くこともあります。

 

チェックその3「税金対策」

マンション、戸建賃貸ともに、1戸当たりの敷地面積が200㎡以下の場合、更地などに建設することで固定資産税1/6に軽減されます。

また、市街地に形成している、もしくは今後 10年間に市街地を形成するよう指定された区域に建設した場合は、都市計画税適用され1/3に軽減されます。

 

チェックその4「市場動向」

戸建に住みたいと考えている人は79.1%、マンションに住みたいと考えている人は11.2%です。それに対して、戸建賃貸の普及率は1.6%しかなく、需要に対して圧倒的に供給が足りていない状態なので、今後市場が拡大していくことが予想されます。

一方でマンションは供給過多の状態ですので、市場は飽和状態となっているのが現状です。

 

▼まとめ

いかがでしょうか? 4つのポイントを整理すると、

初期投資額 戸建賃貸:約1000万円、マンション:約4000万円
利回り 戸建賃貸:1025、マンション:510
税金対策 戸建賃貸・マンション:固定資産税、都市計画税、相続税が減税
市場動向 戸建賃貸:市場成長が見込まれる、マンション:飽和状態

マンション経営か、それとも戸建賃貸経営か。どちらの手段を選択する方がオーナー様にとって有意義な不動産投資となるのか、この4つのポイントを整理し、じっくり考えて、選択をしてくださいね。

 

最後に

マンション経営ではなく、戸建賃貸経営に興味・関心を持たれた方は、ぜひアパルトマンエージェントをご利用下さい。

弊社の戸建住宅はとても華やかでデザイン性も高く、998万円(税抜)で建築可能です。

詳しくは当サイトをご訪問下さいませ。↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム