「戸建賃貸経営vsトランクルーム経営」5つのチェックポイント

2013.11.12

1件

土地活用をお考えの皆さん、土地活用と言っても様々な方法がありますよね。

正直なところ、どの方法が最適なのか分からずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、土地活用のなかでも戸建賃貸経営とトランクルーム経営の2つを、様々な項目ごとに比較していきたいと思います。

 

収入

比較項目 戸建賃貸経営 トランクルーム経営(屋内)
利回り 弊社の戸建賃貸の利回りは10~25%です。 実質利回りは平均25%程度です。
投資回収スパン 最短で5年で回収可能です。 約5年程度で回収可能です。
売却益 弊社の戸建賃貸はデザイン性も高いですし、需要が高いので、売却しやすいです。 事業譲渡も可能です。高利回りなので、売却できる可能性が高いです。

 

収入では、戸建賃貸もトランクルームも大きく異なる点はありません。

 

支出

比較項目 戸建賃貸経営 トランクルーム経営(屋内)
初期投資 弊社の戸建賃貸は1棟998万円(税抜)から建設可能です。 1店舗あたり、300~650万円となります。
月額維持費 マンションと違い共有部はありませんし、清掃も入居者がしますので、維持費はほとんどかかりません。 シャッターの補修や、コンテナの色塗り替えなど

 

初期投資額は戸建賃貸の方が少し高額となります。

しかし、戸建住宅1棟を1000万円以下で建築できるわけですから、価値が高いですよね。

トランクルーム経営は、300万円から運営できるので、リスクが少なくて良いですね。

 

市場性

比較項目 戸建賃貸経営 トランクルーム経営(屋内)
成長性 供給率1.6%に対し、戸建需要は80%にも上るので、今後ますます成長していく市場です。 2012年の市場規模は445億円で、年率5%成長しています。

 

戸建賃貸経営、トランクルーム経営ともに今後成長していく市場ということが分かります。

 

税金対策

比較項目 戸建賃貸経営 トランクルーム経営(屋内)
相続税 土地の評価を75~80%下げることができ、建物価格も相続対象に当てはまると、建築費用の20~50%に減少します。

 

戸建賃貸経営は相続税対策が出来ますが、屋内のトランクルーム経営では相続税対策はできません。

また屋外のコンテナ投資の場合にも、更地と同じ評価を受けるため、相続税対策は出来ません。

 

リスク

比較項目 戸建賃貸経営 トランクルーム経営(屋内)
空室リスク 需要が80%ありますので、空室リスクは低いですが、入居者が入らなければ空室率00%になってしまいます。 1店舗20~50部屋となりますので、安定した収入を期待することができます。
入居率 弊社の戸建賃貸は入居率100%です。(平成25年5月時点) 右肩上がりで稼働率が上昇しています。
賃料下落 弊社は家賃を高く設定するノウハウを持っていますので、賃料の下落には心配ないと言えます。 競合性が低いので、現状では賃料の下落はありません。
撤退リスク 建て直しとなるとコストが発生します。 別のテナントへのパーティション搬送・設営は約15日、1店舗当たり100万円程度です。

 

戸建賃貸は1棟からの建築となりますので、空室率は0%か100%のどちらかとなります。

現状としては需要が高いですので、住民の退去後すぐに新しい入居者が決まるほどの人気があります。

 

今回のまとめ

今回は、戸建賃貸経営とトランクルーム経営(屋内)の2つの土地活用を5つの観点から見てきました。

比較項目 戸建賃貸経営 トランクルーム経営(屋内)
利回り 弊社の戸建賃貸の利回りは10~25%です。 実質利回りは平均25%程度です。
投資回収スパン 最短で5年で回収可能です。 約5年程度で回収可能です。
売却益 弊社の戸建賃貸はデザイン性も高いですし、需要が高いので、売却しやすいです。 事業譲渡も可能です。高利回りなので、売却できる可能性が高いです。
初期投資 弊社の戸建賃貸は1棟998万円(税抜)から建設可能です。 1店舗あたり、300~650万円となります。
月額維持費 マンションと違い共有部はありませんし、清掃も入居者がしますので、維持費はほとんどかかりません。 シャッターの補修や、コンテナの色塗り替えなど
成長性 供給率1.6%に対し、戸建需要は80%にも上るので、今後ますます成長していく市場です。 2012年の市場規模は445億円で、年率5%成長しています。
相続税 土地の評価を75~80%下げることができ、建物価格も相続対象に当てはまると、建築費用の20~50%に減少します。
空室リスク 需要が80%ありますので、空室リスクは低いですが、入居者が入らなければ空室率00%になってしまいます。 1店舗20~50部屋となりますので、安定した収入を期待することができます。
入居率 弊社の戸建賃貸は入居率100%です。(平成25年5月時点) 右肩上がりで稼働率が上昇しています。
賃料下落 弊社は家賃を高く設定するノウハウを持っていますので、賃料の下落には心配ないと言えます。 競合性が低いので、現状では賃料の下落はありません。
撤退リスク 建て直しとなるとコストが発生します。 別のテナントへのパーティション搬送・設営は約15日、1店舗当たり100万円程度です。

 

最後に

戸建賃貸経営に少しでも興味を持たれた方は、アパルトマンエージェントの戸建賃貸をご利用下さいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム