「戸建賃貸経営vs賃貸マンション経営」5つのチェックポイント

不動産投資を考えているものの、賃貸マンション経営を始めれば良いのか、戸建賃貸経営を始めれば良いのか迷っている・・・という方、多いのではないでしょうか?

自分の所有地には、どの土地活用の方法が適しているのか分かりませんよね!

そこで収入、支出、市場性、税金対策、リスクの5つの視点から戸建賃貸経営と賃貸マンション経営を比較してみました。

あなたは、不動産経営をするなかでどの要素を最も重要視するかを考えてみて下さいね。

収入

比較項目 戸建賃貸経営 賃貸マンション経営
利回り 弊社の戸建賃貸の利回りは10~25%です。 賃貸マンション経営の利回りは5~8%です。
投資回収スパン 最短で5年で回収可能です。 10~20年で回収可能です。
売却益 弊社の戸建賃貸はデザイン性も高いですし、需要が高いので、売却しやすいです。 市場性が高いので、転売しやすいです。

戸建賃貸の利回りは10~25%となりますが、賃貸マンション経営は5~8%です。初期投資額が戸建賃貸の方が低額になりますので、利回りとしても高くなりますが、早く初期投資を回収したい方は、戸建賃貸経営の方が向いているかもしれません。

 

支出

比較項目 戸建賃貸経営 賃貸マンション経営
初期投資 弊社の戸建賃貸は、1棟998万円(税抜)から建築可能です。 中古のワンルームマンションだと300~800万円です。
月額維持費 戸建賃貸住宅なので共有部はありません。清掃も入居者がするので、維持費はほとんど発生しません。 管理費やセキュリティなどの費用、さらに競合との差別化のために投資が必要です。

初期投資額としては、戸建賃貸住宅は約1000万円程度で建築することが可能です。

一方で中古ワンルームマンションだと300~800万円、中古の賃貸マンション(1棟)だと、立地や築年数などありますが、2000~5000万円はかかります。

 

市場性

比較項目 戸建賃貸経営 賃貸マンション経営
成長性 供給率は1.6%に対して、需要は80%にも上ります。今後さらに成長する見込みがあります。 賃貸マンション市場は飽和状態です。

戸建賃貸経営は市場の成長性を見込めますが、賃貸マンション経営は、飽和状態ですので、市場の成長性は見込めません。

 

税金対策

比較項目 戸建賃貸経営 賃貸マンション経営
相続税 土地評価を75~80%下げることができます。建物価格も相続対象に当てはまると、建築費用の20~50%に減少します。 土地オーナーの場合に、相続税の控除があります。

税金対策としては、戸建賃貸経営、賃貸マンション経営ともに相続税対策を行うことができます。

 

リスク

比較項目 戸建賃貸経営 賃貸マンション経営
空室リスク 需要が80%ありますので、空室リスクは低いですが、入居者が決まらなければ空室率0%になってしまいます。 ワンルームの場合には、0%か100%ですが、マンション1棟でしたら、安定します。
入居率 弊社の戸建賃貸は、入居率100%です。(平成25年5月時点) 供給過多の状態であるため、入居率は高くありません。
賃料下落 弊社は家賃を高く設定するノウハウがありますので、賃料下落の心配はないと言えます。 賃料の引き下げを求められることもしばしば。賃料下落を防ぐためには追加投資をしなければなりません。
撤退リスク 建て直しをするならば、コストは発生してしまいます。 建て直しをするならば、多額のコストが発生します。

戸建賃貸に比べて賃貸マンション経営は、入居率が低くなる傾向があります。戸建賃貸は、あまり市場に出回っていませんが、賃貸マンションは飽和状態です。内覧者もよく見定めて物件を決定するため、入居率は低くなってしまいます。

賃貸マンション経営の場合は、追加投資をするなど、競合との差をつけなければなりません。

 

今回のまとめ

これまで、戸建賃貸経営と賃貸マンション経営の2つの土地活用を収入、支出、市場性、税金対策、リスクの5つのポイントから見てきました。

以下の表を参考に、戸建賃貸か賃貸マンションか、どちらの不動産経営があなたの所有地には適しているのか検討して下さいね。

比較項目 戸建賃貸経営 賃貸マンション経営
利回り 弊社の戸建賃貸の利回りは10~25%です。 賃貸マンション経営の利回りは5~8%です。
投資回収スパン 最短で5年で回収可能です。 10~20年で回収可能です。
売却益 弊社の戸建賃貸はデザイン性も高いですし、需要が高いので、売却しやすいです。 市場性が高いので、転売しやすいです。
初期投資 弊社の戸建賃貸は、1棟998万円(税抜)から建築可能です。 中古のワンルームマンションだと300~800万円です。
月額維持費 戸建賃貸住宅なので共有部はありません。清掃も入居者がするので、維持費はほとんど発生しません。 管理費やセキュリティなどの費用、さらに競合との差別化のために投資が必要です。
成長性 供給率は1.6%に対して、需要は80%にも上ります。今後さらに成長する見込みがあります。 賃貸マンション市場は飽和状態です。
相続税 土地評価を75~80%下げることができます。建物価格も相続対象に当てはまると、建築費用の20~50%に減少します。 土地オーナーの場合に、相続税の控除があります。
空室リスク 需要が80%ありますので、空室リスクは低いですが、入居者が決まらなければ空室率0%になってしまいます。 ワンルームの場合には、0%か100%ですが、マンション1棟でしたら、安定します。
入居率 弊社の戸建賃貸は、入居率100%です。(平成25年5月時点) 供給過多の状態であるため、入居率は高くありません。
賃料下落 弊社は家賃を高く設定するノウハウがありますので、賃料下落の心配はないと言えます。 賃料の引き下げを求められることもしばしば。賃料下落を防ぐためには追加投資をしなければなりません。
撤退リスク 建て直しをするならば、コストは発生してしまいます。 建て直しをするならば、多額のコストが発生します。

 

 最後に

戸建賃貸経営と賃貸マンション経営を比較してみて、「戸建賃貸経営に興味を持った!」という方は、ぜひ弊社にお問合せ下さいませ。

弊社では、デザイン性の高い中流層向けの戸建住宅をご提案いたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム