土地活用の中でも戸建賃貸経営が注目されている4つの理由

土地活用のなかでも近年注目を浴びているのが「戸建賃貸」経営です。

戸建賃貸経営は、その名の通り一戸建て住宅を賃貸し、家賃収入を得るサービスです。一見、入居者が決まらなかった場合に、空室率が100%で家賃収入が入って来ないというリスクを考えてしまいますが、戸建賃貸は需要が高く、ユーザーから好まれている賃貸住宅なのです。

そんな戸建賃貸住宅ですが、なぜ今戸建賃貸なのでしょうか?そこで今回は戸建賃貸が人気を呼んでいる4つの理由をご紹介いたします。

 

土地を所有しているだけでは損をしてしまう

遊休地を所有している人は、毎年固定資産税を支払わなければなりません。しかし土地を持っているからと言って何か副収入が入ってくるわけではありません。そこで土地活用として戸建賃貸を建て、入居者を募り、家賃収入を獲得するのです。土地を所有しているだけでは損をしてしまうため、戸建賃貸を建てて、収益を得るのです。

 

将来の安定収入がないと不安

日本では少子高齢化となり、少ない若者が多くの高齢者を支えなければならない時代です。若者はたくさんの不安を抱えています。自分たちが高齢者になる頃には年金制度は廃止されているのではないか?と考えている人も多くいます。そんな将来が不安なので、安定して入ってくる収入を求めて戸建賃貸を選ぶ人が多いのです。

 

アパマン(集合住宅)が供給過多の状態

 マンションは供給がいきわたっており、入居者を見つけるのも大変です。しかし戸建賃貸は供給が少なく、マンションと比較しても圧倒的に高い需要があります。マンション経営よりも戸建賃貸経営の方が人気があり、すぐに入居者が決定する場合も多くなります。

 

節税目的で土地活用をする人が多い

 安定した収入だけでなく、節税対策のために土地活用をする人が多いのですが、戸建賃貸は固定資産税、都市計画税の減税や、相続税対策にも効果を発揮しますので、節税目的で土地活用を始める人にとって最良の手段なのです。

 

今回のまとめ

a0780_000628_m

(1)土地を所有しているだけでは損をしてしまう

土地を所有しているだけで固定資産税を支払わなければなりません。それではもったいないですよね。所有している土地がたとえ狭小地だとしても、戸建賃貸なら活用することができます。

 

(2)将来、安定収入がないと不安

少子高齢化が進み、少ない若者で多くの高齢者を守らなければならない時代がやってきました。将来、年金がもらえるかどうかも分からない時代ですので、不安を感じる人は多く、そういった方々に戸建賃貸の安定収入は魅力的なのです。

 

(3)アパマン(集合住宅)が供給過多の状態

 アパート・マンションといった集合住宅は供給が増えていますが、戸建賃貸は供給率が少なく80%の需要がありますので、入居者から選ばれる物件となります。

 

(4)節税目的で土地活用をする人が多い

土地活用を始める人は、定期的な収入を目的に行いますが、節税対策として土地活用を始める人が多いのです。そこで戸建賃貸は固定資産税、都市計画税、相続税などで節税効果を発揮しますので、戸建賃貸経営を節税目的で始める人が多いのです。

 

最後に

戸建賃貸住宅を建築するなら、ぜひアパルトマンエージェントをご利用下さいませ。

弊社なら1000万円以下で、華やかな戸建賃貸を建築致します。入居率も高く、家賃を高く設定するノウハウもありますので、安心して不動産経営をお楽しみ頂けます。

詳しくは当サイトまで。↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム