戸建賃貸経営で成約率80%を獲得するための4つの法則

戸建賃貸経営は、アパート・マンション経営と比較すると需要が高く、入居者が決まりやすい不動産経営の方法だと言われています。

しかし、それと同時に戸建賃貸は1棟からの賃貸となるので、仮に入居者が見つからなかった場合、空室率100%となってしまうので、リスクを伴う不動産投資の方法でもあるのです。

オーナーさんは、「もしこのまま入居者が見つからなかったら」と不安になりますよね。今回は、そんな「なんとしても契約を取りたい!」戸建賃貸経営者のために、契約率がググーンと上昇する4つの秘密ルールをご紹介いたします。

 

数社の不動産業者に入居者募集の依頼をする

あなたは今現在、何社の不動産業者に入居募集の依頼をされているでしょうか?その答えは、おそらく1社、もしくは2社ではありませんか?

ほとんどのオーナー様は、1社のみに頼った入居者募集をなさっています。あなたは、ご契約されている会社と、良好な信頼関係が築けているでしょうか?「そりゃ、もちろん。信頼関係があるから、任せているんだ!」とお答えになる方もいるでしょう。

しかし、不動産業者があなたの物件にどれだけの労力を費やしていると思いますか?不動産業者も決してヒマなわけではありません。多くのクライアントを抱えており、あなたの物件だけのために時間を割くことは不可能です。

ならば、あなたからアクションを起こすしか方法はありませんが、直接入居者を見つけるのは難しいことなので、地域の不動産業者をまわり募集依頼をしましょう。

 

法人に強い不動産業者に依頼する

法人の借り上げ社宅にすると、入居者が決まる可能性が高くなりますし、信頼性もあります。借り上げ社宅にするということは、オーナーさんが物件を企業に貸し、企業が社宅として利用します。

不動産業者を回っている時に「最近、社宅探しの問い合わせはどうですか?」と尋ねると、法人に強い不動産業者かどうかをチェックすることができますよ。

 

見込み客のためにいつでも物件にカギを置いておく

戸建賃貸住宅に住みたいと考えている人は多く、内覧したいという人もたくさんいます。しかし、いつでもあなたが内覧者に物件を案内できるわけではありませんし、たいていの場合管理会社を通すので、管理会社の社員が案内することになります。

もし管理会社の社員が別件で営業中に、「戸建賃貸住宅を見学したいのですが…」と電話がかかってきたらどうしましょう?社員はいつもカギを持ち歩いているわけではありませんし、もしかすると、内覧がなくなってしまうという可能性もゼロではありません。

そんな時、物件にカギが常備されていたならば、いつ連絡がかかってきても、お客さまに対応することができますし、それによって契約率が向上するかもしれません。

 

募集チラシには、お客様の悩みを掲載する

あなたが今、お配りになっている募集チラシにはどのような文言が書かれていますか?ただ物件の広さを見取り図で描いているだけでは、見込み客は集まってきません。

大切なのは、共感してもらうことです。「こんな悩みを抱えていませんか?」と悩みをいくつか並べ、その悩みをこの物件なら解決できる!と伝えましょう。

現状、お客さんが抱えている問題や悩みを解消してくれる物件がある!と知ると見込み客は内見にやってくるでしょう。

 

今回のまとめ

成約率を上げるためには、オーナーさんは色々なことを試さなければなりません。

1 数社の不動産業者に入居者募集の依頼をする
2 法人に強い不動産業者へ依頼する
3 見込み客のためにいつでも物件にカギを置いておく
4 募集チラシには、お客様の悩みを掲載する

まずは、上記の4つを確実にクリアしましょう。成約率を上げるためには、さらに戦略を立てて、取り組んでいかなければなりません。

高いニーズがある戸建賃貸だからといって手を抜かずに、不動産業者をあたってみたり、募集チラシをひと工夫したり、見込み客がすぐに内見できる環境づくりを行いましょう。

 

最後に

戸建賃貸経営で成約率80%を獲得するためには今回お話した4項目を満たすことが大切です。

しかし、アパルトマンエージェントの戸建賃貸は約5万件のデータを分析し、高い入居率、高い家賃設定が可能です。

ぜひ一度、お問合せ下さいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 9月 25日

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム