戸建賃貸経営の初心者にも出来る!入居者GETの市場調査5つの方法

不動産経営には、マンション経営・アパート経営・戸建賃貸経営・ビル経営など様々な方法がありますが、初めて不動産経営を始めるという初心者オーナーさんにとって、不動産経営を始めるためには、どのような方法を取れば良いのか分からない方も多数いらっしゃると思います。

そこで今回は、その中でも戸建賃貸経営に焦点を当てて、市場調査の方法をご紹介していきたいと思います!

 

▼何を調査するのか

調査することは主に3つです。

1.人口の増減

人口の増減

所有している、または購入しようと考えている地域の人口増減を調べます。

 

2.世帯数の増減

世帯数の増減

単身世帯が増えているのか、夫婦のみの世帯が増えているのか、夫婦+子どもの世帯が増えているのか、いったいどのような世帯に増減の変化が見られるのかを調査することで、「ファミリー層」が増えているのかどうかを考えます。

 

3.周辺環境

周辺環境

所有している、または購入しようと考えている土地市周辺にどのような会社、学校、工場、施設があるのかを調べます。

学校(小・中・高・大)があれば、ファミリー層の獲得に大きく繋がりますよね!

さらにショッピングセンターなどの施設があると、ファミリー層が入居しやすくなります。

 

▼市場調査の方法

市場調査の方法は、主に5つあります。

1.総務省や市町村のホームページを活用する

人口や年齢層が分かり、市町村にはどのような商業施設があるのか、どのような取り組みを行っているのか、といった情報をGETすることができます。高校や大学の校舎移転という情報を得られると、なお良いですね。

 

2.不動産会社を訪問する

全国的な不動産会社ではなく、地域の不動産会社を訪問するよう心掛けましょう。

その地域に特化した情報を得ることができますよ。

 

3.会社や学校、工場などの周辺情報を得る

近くにどのような会社があるのか?規模はどれくらいなのか?近所に学校があるのか?など周辺情報を調査しましょう。

 

4.周辺の施設を知る

ショッピングセンターや銀行、郵便局、病院、薬局などお母さんにとって「あったら便利な施設」が周辺にあるのかどうかをチェックしましょう。

今では多くの主婦が自動車に乗りますが、なかには乗らない(乗れない)主婦もいます。そのような方にとって、ショッピングセンターが近くにあると買い物に困ることもありませんし、子どもが熱を出した際にも病院や薬局が近所にあれば、困る心配はありませんよね。

家庭は「子ども中心」とよく言いますが、実際に動かしているのは「お母さん」の場合が多いです。

お母さんが重宝する施設があるのかどうか、チェックしておきましょう。

 

5.近隣住民を知る

隣近所の住民をチェックしておくことも大切です。

どのような人が暮らしているのか、子どもはいるのか、ゴミの日はちゃんと決まっており、適切な出し方がされているか、といったことを見てみましょう。そうすることで、近隣の環境が自ずと見えてきますよ!

 

▼まとめ

戸建賃貸住宅を経営しようとお考えの方は、このような方法で市場調査をしていきましょう!

1.総務省や市町村のホームページを活用(人口・年齢層などをチェック!)

2.不動産会社を訪問(地域に特化した情報をゲット!)

3.会社や学校、工場などの周辺情報を得る(ファミリー層が多そうな地域かをチェック!)

4.周辺の施設を知る(お母さんに好まれる施設があるかをチェック!)

5.近隣住民を知る(住民とのトラブルなど問題がないかをチェック!)

 

そのなかでも、1番大切なことは「ヒト」を見ることです。どのような人が近所に住んでいるのかを知っておかなければなりません。

最近では、近隣住民と馬が合わないことが原因で、事件となってしまうこともあります。そのような事態が起こらないためにも、どのような「ヒト」が住んでいるのか、しっかりと調査が必要です!

 

最後に

戸建賃貸経営なら高い入居率のアパルトマンエージェントにお任せ下さい。

顧客ニーズに応じた戸建住宅で安定の入居率、家賃収入を獲得できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム