節税対策もこれでバッチリ!戸建賃貸経営で効果を発揮する3つの節税法

土地活用の目的は収入だけではありません。所有している土地にかかる税金がもったいなくて活用したいと思っている方も大勢いらっしゃることでしょう。しかし、マンションを買う資金がない、コインパーキング経営だと節税効果はほとんどありませんので、どうすれば良いのかと困っていませんか?

そこで今回は、節税効果を持つ戸建賃貸経営についてお話しいたします。

 

固定資産税・都市計画税が軽減される

戸建賃貸住宅を建設することによって、、その敷地は小規模住宅用地として認められますので、1戸当たり200㎡までの部分は固定資産税が1/6に、都市計画税が1/3に軽減されます。

また、200㎡を超える部分は、固定資産税が1/3に、都市計画税が2/3に軽減されますので、超えている場合にも節税効果があるのです。

 

所得税の課税対象額を抑えることが可能

賃貸住宅経営では、管理コストやローンの支払金利など、実際に支払う経費以外に、減価償却費という帳簿上の経費を計上することができますので、課税対象額を抑えることが可能となります。さらに、青色申告をすることによって特別控除を受けることができます。大きな規模で経営する場合には、協力している親族への給与を経費とすることも可能ですので、食税の課税対象額を大幅に抑えることができるのです。

 

相続税評価額が軽減される

賃貸住宅を経営している土地は、貸家建付地として評価されるので、相続税評価額が軽減されます。戸建賃貸を建設することによって相続の土地評価が75~80%軽減し、築年数にもよりますが、建物価格相続対象に適用すると建築費用の20~50%に減少するのです。

 

今回のまとめ

節税効果

戸建賃貸経営には、トランクルーム経営やコインパーキング経営では得られない節税効果がありました。

 

固定資産税・都市計画税が軽減

戸建賃貸住宅は、小規模住宅用地として認められるので、1戸当たり200㎡までの部分は固定資産税が1/6になり、都市計画税は1/3に軽減されます。

 

所得税の課税対象額を抑える効果

賃貸住宅を経営する時には、実際支払う経費以外に「減価償却費」を帳簿上の経費として計上することができるので、課税対象額を抑えることができます。

 

相続税評価額の軽減

賃貸住宅を経営している土地は、貸家建付地として評価されるので、相続税評価額が軽減されます。建物も貸家としての評価となり、評価額を引き下げることが可能です。

 

最後に

戸建賃貸経営に興味を持ったあなたは、ぜひアパルトマンの戸建賃貸をご検討下さい。

丁寧な対応で、お客様の満足して頂くプランを提案させて頂きます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム