中古の戸建賃貸を運用したいなら必読!中古戸建で注意するべき4ヶ条

戸建賃貸経営を始めようとなさっているオーナー様で、「中古物件を購入しよう!」とお考えの方、物件探しは順調でしょうか?「いや、どうやって物件を探せば良いか分からない…」という方も多いはずです。

そこで今回は、そんな中古物件の購入を躊躇されている方のために、中古の戸建賃貸を選ぶ4つのポイントをお話いたします。

 

中古の戸建賃貸を探す方法

中古の戸建賃貸物件を探す方法としては、

1)インターネットの住宅情報ナビを活用する

2)不動産会社の折り込みチラシを確認する

3)不動産情報誌を読む

これらの3つの方法が、メジャーな物件の探し方です。

週末に投函される不動産の折込チラシや、インターネットを活用して物件情報を入手しましょう。駅構内にも不動産情報誌が置いてあるので、参考にしてはいかがでしょうか。

 

耐震性を見極める

東日本大震災の影響もあり、耐震性の見直しがされていますよね。地震が起きても安全なのか?崩れないだろうか?と多くの人々が心配しています。中古の物件となると、耐震面が欠陥だらけだったという事例もありますので、十分に注意して物件を選びましょう。

 

各部屋に開放感があるか

物件を選ぶ際に戸建住宅を訪れ、「なんだか暗いな」という印象を受けたならば、その物件にたとえ良い条件が揃っていても、オススメすることができません。なぜならば、あなたが入室した時に暗いと感じたなら、入居者も同じように感じるからです。

日当たりの悪い、薄暗い部屋には帰りたいと思いませんよね。安いから、広いからという安易な理由で物件を購入してしまうと、後々困ったことになりかねませんので、気を付けてください。

 

4少しでもバリアフリーの物件を選ぶ

あなたのお住まいはバリアフリーでしょうか?

「一般的な家に、バリアフリーなんて必要ない。」とお考えの方が多いかもしれません。ですが、これからやってくるであろう超高齢化社会には、バリアフリーに対応した住宅が必須となるのです。

・廊下や浴室、洗面所には手すりがついていますか?

・段差が少なく、転びにくい床ですか?

最低でも上記の2つは必ずクリアしておきましょう。

 

まとめ

今後、戸建賃貸経営は、ますます注目される不動産投資となるでしょう。低価格で不動産経営を始められるのは、投資家さまにとって最大の利点です。新築物件を建てられる際は別ですが、中古で物件を購入する際には、

1、どうやって中古の戸建賃貸を探すのか

2、耐震性を見極める

3、各部屋に開放感があるか

4、少しでもバリアフリーの物件を選ぶ

上記4つのポイントは必ずクリアしていただきたいです。

中古で安く買った物件だから、「適当に運用していけば良いか。」という気持ちでは、利益を得ることはできません。

中古物件を安く購入して、その物件を快適な戸建物件として賃貸することで、さらに高利回りの戸建賃貸経営を始めていきましょう!

また、あなたが中古物件にこだわって探している理由は、価格ですよね?

「新築すれば最低でも3000万円程度は必要なのではないか…」と考えるはずです。しかし、戸建賃貸住宅は低コストパッケージ化されていますので、1000万円以下で、1棟の戸建住宅を建築することができるのです!

もちろん、中古物件には価格の面で劣ってしまいますが、低コストのパッケージされた戸建賃貸を新築されても良いと思います。

 

最後に

中古の戸建賃貸を運営するための注意を4点お話してきましたが、アパルトマンエージェントの戸建賃貸なら999万円(税抜)で建築可能です。

単に安い戸建ではなく、入居者のニーズに応えた戸建物件をご提案させて頂いておりますので、ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム