たった2分で読める!物件の内覧者を3倍増やすための3つの戦術

戸建賃貸では、内覧者は比較的多く、すぐに入居者が決まる場合もありますが、しかしながら内覧者をしっかり集める工夫をすることは大切ですよね。そこで今回は、内覧者をグンと増やす募集掲載の工夫の仕方についてお話ししていきます。

 

外観の写真、掲載されていますか?

外装

外観の写真がないチラシだと内覧者はやってきません。インターネットで物件を検索していて、間取り図しかない場合はスルーしますよね。画像をクリックすると数枚の写真を見ることができるようにしておけばOKです。

広い庭の写真や、駐車場があること、なんといっても外観がオシャレだということなど、アピールポイントが伝わる写真を掲載しましょう。

 

内装の写真、掲載されていますか?

内装

内観の写真も、外観同様に必要となってきます。内装の写真では、生活スタイルをイメージすることができるのです。リビング、キッチン、子ども部屋、寝室などこの空間でどんな生活をするのだろう?と内覧者が思うような内装の写真を掲載しなければなりません。

それから広さや明るさなども写真から分かるようにしておくことが肝心です。

実際に写真を見てみて、「自分もこの家に住みたい!」と思う写真をアップして下さいね。

 

間取り図は掲載されていますか?

間取り図

間取り図がないと、家の全体をイメージすることができません。

玄関から入ってすぐに階段があって、2階は子ども部屋と寝室が、1階はリビングと居間、客間、キッチン、トイレ、浴室など、こういう間取りなんだ!と分かるために必ず必要です。間取り図と写真を見ると、おおよそのイメージはつきますので、それを踏まえて内覧するかどうかの判断をしますので、間取り図は絶対に必要です!

 

今回のまとめ

内覧者を増やすためには「募集チラシ」に力を注がなければなりません。

数社の仲介業者に依頼をし、広告に掲載してもらうことはまず前提ですが、それだけでは足りません。

戸建賃貸で高い成約率を獲得したい方は、こちらの記事をご覧ください。(戸建賃貸で成約率80%を獲得するための4つの法則

内覧者をグーンと増やす3つの掲載情報

(1)まずは外観を掲載する

募集チラシには外観図は掲載されていますか?インターネットで物件を検索していて、外観があるのとないのとでは雲泥の差です。画像をクリックすると数枚、外装が表示されると良いですね。外観を掲載するだけで庭がきれい、オシャレな造り、駐車場もあるなど具体的に伝わるので良いですよ。

 

(2)次は内観を掲載する

キッチン、リビング、子ども部屋など内覧者が入居を決め、生活している様子が伝わるような写真をアップしましょう。広くて明るいなど、写真を見るとイメージしやすいですよね!内覧者が「こんな家に住みたい!」と思わなければ、いくら家賃が安かったとしても内覧には訪れませんので、「自分もこんな家に住みたい!」と感じるような写真を掲載することをオススメします。

 

(3)最後に間取り図を掲載する

募集チラシには間取り図が掲載されていますか?どこにリビングがあって、浴室があって、2階には子ども部屋と寝室…と内覧者が間取り図と写真を見ただけでイメージできるようにしておかなければなりません。

 

最後に

物件の内覧者を増やすためのことをお話してきましたが、まだ戸建賃貸を建てていない方は、ぜひアパルトマンエージェントの戸建賃貸経営をご利用下さい。

家賃を高く設定するノウハウはもちろん、高いデザイン性の戸建住宅を建設することができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム