戸建賃貸オーナーを目指す方必見!戸建て住宅が好まれる4つの理由

戸建賃貸の需要・入居率は高いのですが、家賃はマンションよりどうしても高額になってしまいますよね。ならば、広めのマンションに住むか、住宅を購入してしまうのでは?と考えるオーナー様もいらっしゃいます。

しかし、そんなことはありません。賃貸住宅で生活している方にはその理由があります。

そして戸建の賃貸住宅に住みたい!と考える方がたくさんいるのです。

今回は、賃貸住宅が好まれる4つの理由をお話します。

会社からの補助金があるから

賃貸住宅で生活している場合、家賃を会社から補助してもらっている社員がいます。

その場合、一軒家を購入してしまうと、補助を受けることができません。

しかし戸建賃貸ならば、補助金をもらいながら、一戸建て住宅で暮らせるのでお得ですよね。

 

自由に住み替えたいから

私は賃貸派!と豪語する人に多いのが、この「飽きっぽいから」という理由です。

自由に住み替えたい。数年に一度は引越しをして気持ちを切り替えたい方は、自宅を購入しませんが、戸建賃貸住宅に住みたい!という憧れを持っています。そんな方にも戸建賃貸は好まれます。

 

転勤の可能性があるから

一戸建てに住みたい!という思いを抱きながら、転勤族だから賃貸マンションで生活している方にとって、戸建賃貸は夢のような住宅です。

実際に戸建賃貸は法人契約が多く、転勤をされる方にご利用いただいています。

 

住宅ローンを抱えたくないから

自宅の資産価値はどんどん下落していきます。自宅を購入した時には、返せる見込みがあっても、20年、30年と長期間になることに対して抵抗を感じる方もいらっしゃいます。賃貸住宅ならばそういった点に悩むことがありませんので安心です。

 

今回のまとめ

戸建賃貸 需要

会社からの補助金があるから

会社からの補助金がある場合、戸建を購入してしまうと補助金が支払われなくなってしまいます。そこで、戸建賃貸だと戸建に住めて、補助も受けることが可能なのです。

 

自由に住み替えたいから

飽きっぽいため自由に住み替えたい、という賃貸派の方にも戸建賃貸住宅は好まれます。

 

転勤の可能性があるから

転勤の可能性がある場合、戸建を購入することは出来ませんが、戸建住宅に住みたいという思いを持っています。実際に戸建賃貸は法人契約も多く、転勤族の方にも好まれています。

 

住宅ローンを抱えたくないから

長期間住宅ローンを抱えることに不安を抱える方もいらっしゃいます。戸建賃貸の場合は、長期間の住宅ローンに悩む心配ありません。

 

最後に

戸建住宅は多くの人から好まれ、求められています。賃貸経営を始めるなら戸建賃貸経営を始めませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム