家賃相場が知りたい!賃料相場を決定する要因である5つのポイント

戸建賃貸を建築しようとお考えのみなさん、賃料の相場って検討していますか?

戸建賃貸は、入居率も非常に高く、人気物件となることが多いですが、家賃を高く設定できなければ、高い利回りを得ることが出来ませんよね。

そこで今回は、賃料相場を決定する要因である5つのポイントをご紹介いたします。

 

築年数

古い物件ですと、建物自体が老朽化してしまい、部屋の仕様が陳腐化してしまうので、家賃相場は下がってしまいます。

弊社の戸建賃貸を建築される場合には、新築物件ですので、築年数を悩まれる心配はありません。

 

設備

リビングや台所、浴室、トイレなどの設備の性能が良ければ良いほど、家賃相場は高額になります。

評価のポイントとなりますので、チェックしておきたいですね。

 

建物の構造

建物の構造も家賃相場のポイントとなります。ずさんな工事、構造上の問題がある場合もあります。また最近では、耐震性も基準として影響します。

 

広さ

ファミリータイプとワンルームタイプでは相場が異なります。弊社の戸建賃貸住宅は、一戸建てのファミリータイプとなりますので、家賃相場は高くなります。

 

取引時期

新年度のために引越しをする1~3月は入居希望者が増えるため、家賃相場が高くなる傾向があります。

 

今回のまとめ

家賃相場

今回は、賃料相場を決定する要因である5つのポイントをご紹介しました。

1)築年数建物自体が老朽化している古い物件は家賃相場が下がってしまいます。
2)設備リビング、浴室、トイレなどの設備性能が高いほど家賃層が高額になります。
3)建物の構造建物の構造はもちろんのこと、耐震性も評価ポイントとなります。
4)広さファミリータイプとワンルームで家賃相場が異なります。
5)取引時期1~3月の入居募集者が多い時期には、相場が高額になります

 

最後に

家賃相場を知ることはもちろん重要ですが、弊社ならば、家賃を高く設定できるノウハウを持っています!

興味のある方は、ぜひ一度お問合せ下さいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


戸建賃貸経営|土地活用・資産運用は華やかなホテル風の戸建賃貸経営

購読する

戸建賃貸経営コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

戸建賃貸経営コラム RSS

ページ上部へ戻る
ページのTOPに戻る
入居率100%実績の戸建賃貸経営 | 戸建賃貸経営コラム